首イボにヨクイニンは本当に効果あるの?

首イボに限らず、イボができた際にはヨクイニンが効くという話があります。実際、検索してみるとヨクイニンに関する記事はいくつか出てきます。

 

ヨクイニンはハトムギですから、漢方の一種となります。漢方と聞くと、それとなく効果がありそうな気はしますね。

 

市販薬の中にも、内服薬や軟膏としてヨクイニンが成分に含まれているものは販売されています。

 

色々な商品にヨクイニンが使われているということはイボには、ヨクイニンが効果があると考えてもよさそうです。

 

では、ヨクイニンは首イボにも同様に効果があるのでしょうか?

 

ヨクイニンの有効成分

イボには角質が固まったものとウイルス性のものの二種類があります。首イボは前者の角質が固まったものになります。

 

ヨクイニンのイボに対する有効成分は、免疫細胞を活性化させるものだそうです。

 

免疫細胞が活性化することによってウイルスを排除できるので、その結果としてウイルス性のイボは取れるようになります。

 

また、ヨクイニン自体、どのイボに対しても効果があるようですね。

 

ウイルス性のイボの場合は内服薬でしか効果が得られないので、軟膏ではなく内服薬を選ぶ必要があるといったところでしょう。

 

首イボへの効果は?

前述したとおり、ヨクイニンは角質が突起したものなど、ウイルス性ではないイボに対しても有効な成分となっています。

 

軟膏として、あるいは内服薬として使用することで一定の効果を得ることができるでしょう。

 

首イボの治療をしたいけれど、自分にできたイボがどの種類のイボかわからない。

 

そんな時は、ヨクイニンを使った市販薬や軟膏を選ぶのが無難でしょう。

 

その他に期待できる効果は?

ヨクイニンは首イボへの効果を単体でも期待できますが、別の成分と組み合わせることで首イボの原因の一つとなっている肌のターンオーバーを正常化することに役立ちます。

 

ターンオーバーを正常に戻す場合には、ビタミンA、ビタミンEなどのビタミンが効果的です。

 

加えて、たんぱく質もターンオーバーを正常に戻すためには必要不可欠な成分となるのですが、ヨクイニンであるハトムギにはたんぱく質が含まれています。

 

なので、サプリメントなどでビタミン群や亜鉛を一緒に摂取すれば、ターンオーバーを正常な状態にすることが可能になります。

 

肌のターンオーバーを正常な形に戻して活性化させる以外にも、首イボはピーリングで古い角質を落とすことで治療が可能です。

 

首イボは内服薬と軟膏をセットで使うことでより効果的に治療することができるので組み合わせとしては、ヨクイニンとセットで別の成分が含まれた軟膏を使用するのがいいと思います。

 

ネット通販の商品になってしまいますが、おすすめとして挙げられるのはクリアポロンです。

 

美肌成分も入っていますし、これまで紹介してきたヨクイニンも使われているため、首イボの治療にしっかりとした効果が期待できると思います。

関連ページ

首イボにイボコロリを使っても大丈夫?肌が荒れたりしない?
足裏にできてしまった固いイボにはイボコロリを使いますが、首イボにはどうなのでしょうか?首イボにイボコロリを使っても問題ないのかを見ていきます。
首イボをレーザーで治療するのは安全?注意点はある?
首イボができた場合、皮膚科で治療を受けることができます。皮膚科での治療と聞くと、パットイメージしやすいのはレーザーでしょう。首イボをレーザーで治療するときにリスクはあるのでしょうか?
首イボが出来る原因と除去する方法
首を触ってみたときいつの間にできてしまっている首イボ。できてしまう原因と除去方法を知っていればできる前後どちらの対処もできると思います。首イボができる原因を見ていきましょう。
首イボには種類がある?見た目やでき方に違いは?
イボには顔にできるものや首イボなど種類がありますが、首イボだけを見ると種類は分かれているのでしょうか?首イボについて詳しく見ていきましょう。
首イボは市販薬でも治すことはできるのか?病院じゃないと取れない?
首イボは皮膚科で治療ができますが、市販薬の中にも首イボが治療できるとされているものはあります。首イボを市販薬で治療する場合、どのように使うことが好ましいのでしょうか。
首イボができないように予防するにはどうしたらいいのか?
首イボができてしまったら切ない気分になります。首イボができる前に予防する方法は何かないのでしょうか?首イボができる原因とその予防について見ていきます。