首イボにはイボコロリを使っても大丈夫?

魚の目や足の裏にできる固いイボに対して効果があるイボコロリですが、ウイルス性のイボに効果が高いヨクイニンとはまた違った成分のものとなります。

 

首イボに悩んでいる際に、イボに効果があるという点だけを見て購入するのは待った方がいいでしょう。

 

固いイボに対して使用するということは、首イボに対して使用するのは危険な気もします。

 

イボコロリは首イボに使っても問題はないのでしょうか?

 

イボコロリに使われている成分

ウイルス性のイボに効果があるということで引き合いに出したヨクイニンですが、こちらはハトムギなので漢方の一種です。

 

そのため、人体に与える害は少なく、むしろ使うことで体にメリットが多いものとなっています。

 

では、イボコロリに使われている成分はどうでしょうか?

 

イボコロリには足裏にできた固いイボにもしっかりと効果が出るように、サリチル酸を使用しています。

 

サリチル酸は使用の際に細心の注意を払う必要があり、比較的強力な酸性を持っています。

 

足裏は皮膚が厚く、他の部分と比べても上部になっているので使用には問題ないでしょう。

 

ですが、顔や首などに使うとなると、皮膚が足裏と比べて一気に薄くなるので、酸性が強すぎると肌へ大きく影響を与えてしまう可能性があります。

 

これはイボコロリに限った話ではなく、サリチル酸を使っているような商品は、首イボに使おうとすると大惨事になりかねないので絶対に首イボに使わないようにしてください。

 

飲むタイプのイボコロリ

ここまで紹介してきたイボコロリは、絆創膏や塗り薬のタイプでしたが、イボコロリの販売元では、錠剤タイプのイボコロリも販売しています。

 

こちらはヨクイニンエキスを使用していますので、服用しても大きな負荷がかかるようなことはありません。

 

ヨクイニンには様々な効果があり、イボに効果があるとされているのが免疫細胞の活性化なので、ウイルスを除去してイボを取れるようにすることができます。

 

ウイルス性のイボは内服薬でないと効果が期待できませんが、イボコロリの場合は内服薬なので、ウイルス性のイボ含めて首イボの治療に使用することができます。

 

イボコロリの他にも有効なものはあるのか

市販薬の中には他にも首イボの治療に有効なものはあります。

 

首イボは、紫外線や摩擦で刺激を受けた古い角質が固まったものなので、肌の状態をよくするためのものがよく効く商品となります。

 

タイプはやはり軟膏と内服薬で分かれますが、首イボは肌のターンオーバーを改善したり、ピーリングをすることで治療をすることができます。

 

また、ターンオーバーを正常な状態にすることを考えるのであればビタミンA、ビタミンE、亜鉛などを含んだサプリメントも効果があると思います。

 

おすすめとして挙げられるのは、先ほど紹介していたヨクイニンを配合したクリアポロンという商品です。

 

ネット通販でしか扱っていないので、購入の際はご注意を。

関連ページ

首イボにヨクイニンは本当に効くの?
イボに効果があるとされているヨクイニンですが、首イボにも効果はあるのでしょうか?またヨクイニンは首イボやその他のイボにどのような効果を与えるのでしょうか?
首イボをレーザーで治療するのは安全?注意点はある?
首イボができた場合、皮膚科で治療を受けることができます。皮膚科での治療と聞くと、パットイメージしやすいのはレーザーでしょう。首イボをレーザーで治療するときにリスクはあるのでしょうか?
首イボが出来る原因と除去する方法
首を触ってみたときいつの間にできてしまっている首イボ。できてしまう原因と除去方法を知っていればできる前後どちらの対処もできると思います。首イボができる原因を見ていきましょう。
首イボには種類がある?見た目やでき方に違いは?
イボには顔にできるものや首イボなど種類がありますが、首イボだけを見ると種類は分かれているのでしょうか?首イボについて詳しく見ていきましょう。
首イボは市販薬でも治すことはできるのか?病院じゃないと取れない?
首イボは皮膚科で治療ができますが、市販薬の中にも首イボが治療できるとされているものはあります。首イボを市販薬で治療する場合、どのように使うことが好ましいのでしょうか。
首イボができないように予防するにはどうしたらいいのか?
首イボができてしまったら切ない気分になります。首イボができる前に予防する方法は何かないのでしょうか?首イボができる原因とその予防について見ていきます。